テニス肘

なぜ?ほかでは改善しなかったテニス肘が当院の施術で改善するのか?

なぜ?ほかでは改善しなかったテニス肘が当院の施術で改善するのか?

  • 肘が痛くてラケットが握れない…
  • ボールを打つのが痛くて怖い…
  • 肘の曲げ伸ばしができない…
  • ぞうきんがしぼれない…
  • 肘が痛くて夜眠れない…

辛いですよね。 でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じテニス肘(上腕骨外側上顆炎)に悩んでいた人が 当院の施術で改善されております。
まずは当院の施術を受けてテニス肘(上腕骨外側上顆炎)が改善された喜びの声をご覧ください

矢印

当院の施術をうけられて、改善したお客様の声をご覧ください

肘が痛くて投げれなかったのが、痛みもなくなり強豪チームに完封勝利できました。

お客様写真
アンケート用紙

ぼくは、初めてGoodFeelに来たときは、姿勢が悪いと言われました。しかし先生のアドバイスによって僕の姿勢も良くなったし、

野球の調子も上がってきたのが実感しました。

先生から砂浜を走るよ良いと言われて走ると、その通りでした。僕は肘が痛くて、ここにきて今では肘も痛くなくって、

この前の大会で優勝候補のチームに完封勝利しました。

男性 五年生 野球 ピッチャー キャプテン

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肘や腰も治り野球での体の使い方まで説明してくれました!

お客様写真
アンケート用紙

野球をしていて、肘、腰を痛めて受診しました。

みてもらった後には痛みもひいて練習もしっかりできるようになりました。お話でも野球のためにどのようなことをしたらいいのか?

こんな体の使い方をしたらいいなど、いろんなためになるお話をしていただいています。

ありがとうございました。

 

男性 14歳 中学生 野球部ピッチャー

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがですか? きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。
そのためにもまずはあなたが苦しんでいるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の症状について理解 しておく必要があります。

そもそもテニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とはボールを打ち返すストロークで繰り返し打つと肘が痛くなる障害です。
主にバックハンドで肘の外側を痛めます。フォアハンドで肘の内側を痛めたりもします。
肘を特に使いすぎると痛めてしまうテニス肘(上腕骨外側上顆炎)ですが、痛くなる人と痛くならない人の違いは何か?
それは打ち方に問題があります。この打ち方を治すためにはある原因が…それは背中にあります。

病院やよくある整骨院での一般的な対処法としては

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

  • 痛み止めの注射
  • テーピングで固定
  • 肘周辺のマッサージ
  • アイシング

というようなものがあります。 ですがなかなかこれでは改善していないのが実情です。
なぜ、あなたのテニス肘(上腕骨外側上顆炎)は改善しないのでしょうか?

なぜならテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の本当の原因は背中にあるからです。

なぜあなたのテニス肘の原因が背中にあるのか?
まず背中を丸めた状態でテニスのストロークをするとうまく力が入りません。
しかし力が入らない状態でも無理して力を入れてストロークを続けると肩や腕の筋肉に負担がかかりすぎて痛めてしまいます。
これがテニス肘になっていまうのです。
ラケットを無理なくふれるようにならないとマッサージ等その場しのぎの施術をしても回復しません。
根本的に原因を取り除かないとテニス肘は悪化するばかりです。

その結果、多くのテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の方を改善に向かうお手伝いをさせて頂くこと ができました

ではなぜ、当院ではテニス肘(上腕骨外側上顆炎)に対応する事ができるのか?

背中の丸みを改善すれば肩が後ろにきて胸を張れます。
肩や腕は正しい位置になり力が入るようになるのです。

まず問診や姿勢など骨盤・背骨・肩・肘等の位置もを細かくチェックしどういう状態かを調べます。

もちろんあなたのテニス肘の原因の説明もこと細かく致します

GoodFeelでは、姿勢や動作を事細かく調べます。 テニス肘の症状も様々ありますが原因も様々あります。
骨盤・背骨からきちんとチェックしゆがみを整えてあげれば症状も回復します。

その瞬間から回復する当院オリジナルテクニックで肩に羽が生えた感じに!

揉んだり押したりボキッとしたり一切いたしません

当院はさする程度の施術で驚きの回復をいたします。

「グッドフィール」の治療ではその部所のその痛みに適した指導をしてくれます

アンケート用紙

5年前に半月板を手術し、その後の筋力の衰えによるひざ痛が、いろんなリハビリや運動をしてもなかなか元に戻らず

悩んでいたのですが「グッドフィール」の治療ではその部所のその痛みに適した指導を治療をして頂き少しずつ変わってきました。

整形外科でも筋力をつけろと言うだけで、どこをどうしたらいいというアドバイスはなくあきらめかけていましたが

ここ『グッドフィール』に来て出会えて良かったです。

内臓や他の病気(骨だけでなく)にも効くので

会社で広めています!!

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

スポーツをしている方全般に言えることですが、痛めてしまうのには必ず原因があります。
練習しすぎて痛める人と痛めない人の差!この差を考えてみて下さい。身体の使い方に問題があるのです。
GoodFeelではこの身体の使い方を上手に使えるように施術や指導していきます。
パフォーマンスもどんどん向上します。(キッパリ)
あなたのパフォーマンス100%にあげてみませんか?

他院と当院との違い

理由その1

わかりやすく丁寧に説明いたします

背骨の説明

細かく症状を分析しできるだけわかりやすく専門用語を使わずに説明します。あなたの身体のどこが原因で今悩んでる症状があるか的確に言えます。その原因をきちんと施術し改善すれば、あなたの悩みは解消されます。

「つらい症状から解放されたら、あなたは何をしたいですか??」

理由その2

少ない施術回数での回復

施術風景

GoodFeelでは少ない施術回数で回復いたします。どんな肩こりでも1~5回で改善されています。腰痛でも同じ回数あればほとんどの方が改善されています。

原因をきちんと見つけ骨盤・背骨を整えれば、症状は不思議と消えていきます。

間違っても「毎日施術しないと治りません」とか言いませんのでご安心を!

できるだけ少ない回数であなたの悩みが解消されるように、あなたの身体を真剣に考え大事に大切に最も良い結果を導きだしていきます。

期待に応えるよう結果を第一に全力を尽くすのが、カイロプラクティックでありプロだと思っています。

理由その3

いつも元気で明るい先生からエネルギーがもらえる

背骨チェック

『疲れ知らずの体力に、底抜けに明るい先生。明るい性格と、なんでも相談できるような話しやすさは治療家の中でもピカイチ。 』

『先生、元気が欲しくて今日受けに来ましたー』

こんなことをかなりの確率で言われるGoodFeel院長永冨です。私が自慢できることが元気で明るいところです。お客様の声でもよく書かれてますが、「明るくて」「元気」「とても話しやすく」この言葉はよく言われますし書かれます。

患者さんともとてもフレンドリーにさせて頂いてますし、私が甘えて調子にのったりもします(笑)その分元気のエネルギーもあげてますよー。

なので様々な話から悩みや相談、愚痴なんかもたくさん聞きますが、全く疲れることなく親身になって受けています!GoodFeelでは心のシュレッダーでもありますので、様々な愚痴やストレスを捨てていって下さい。箱の容量は私にもわからないぐらい大きいのでご安心を。

ここだけの話ですが私開業してから10年以上続けていますが、施術して疲れたと思ったことがないんです。朝九時~夜九時まで休みなく施術しときでも思ったことが「後2~3人はできるな!」って思ったぐらいですから。いつでも元気で笑顔ですよ。

笑顔が生まれる整体院GoodFeelですから

なんだかよさそうなのはわかったけど

「整体って初めてだし、本当にいいのかな?」

「自分の症状に合うのかな?」

「今まで行った整体では改善しなかったし・・・」

といった不安があるという方も多いかと思います。

確かに、初めて行くところには不安がありますよね。
どれだけいいと言われても、実際に行ってみないとわからない部分があるのは確かです。

そこで、当院では初めてのあなたとのご縁をつなぐための特典をご用意いたしました。

初回割引キャンペーン

施術料金

初見料2500円

お客様の今の状況を細かくカウンセリングさせていただき、原因を特定するための検査を詳しく徹底しておこなっていきます。そのために初回のみ初見料をいただいております。

施術料4500円

お客様の身体を優しい整体で調整していきます。時間はだいたい30分前後になります。

lineで予約する

  1. パソコンの方はQRコードが出てきますのでスマホにて読み込みをお願いします
  2. スマホの方はlineにGoodFeelのページを追加お願い致します。
  3. トークにて予約の希望日時をメッセージを送ってください。

当院より返信いたします。

施術中は返信できないことがありますので、当日すぐの予約をご希望の方はお電話をいただけますと幸いです。

 

ベビーベッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加